いわきの家

 
 
 

震度6×3回

・・・・・・・・・・・・・・「いわきの家」で考えたこと
 
 
「まさか!」
設計者としての備えを仕掛けたものの、誰もが心の隅に追いやっていた巨大な地響きが、竣工一年半の「いわきの家」を襲った。しかも一ヶ月に間に震度6が3回。震度5は20数回。連絡が取れたのは二日後の夜、建て主の「大丈夫です」の一報に安堵した。
それでも自分の目で見ない内は本当の安心は掴めない。そこで、余震が落ち着いた6月に現場を検証。一報通り、構造体は勿論、外壁にはヒビ一つ入ってはいなかった。
全国数多の建築設計者にとって、311の受け止め方は様々だ。しかし「いわきの家」は私の作法に確かな確信を与えてくれた。それでも侮ることなく一歩ずつ前に進みたい。
 

 




西側外観





玄関



玄関ホール



居間入り口



居間・食堂・書斎



居間



食堂



食堂



居間吹抜



居間吹抜



居間吹抜



居間吹抜




台所



和室



寝室



子供室



手洗所

 

■いわきの家

場  所 福島県
用  途 専用住宅
構  造 木造2階建て
竣工年数 2009年10月完成