藪内の家

 
 
 

熱は竜

・・・・・・・・・・・・・・・「藪内の家」で考えたこと
 
 
薪ストーブを生業とするご主人の第一声は「暮らしの基本を楽しむ家」。
「暮らしの基本」、大きな言葉だ。そこで私はその基本を「学べる家」と執った。
気配と気遣い、手加減と肌触り、自然光と炎など様々な基本学びを練り込む中で、
この家に一番大切な学び科目を、目に見えない「熱」と視た。
家族全員が、家中で、薪ストーブの熱を感じ取るのがこの家のテーマ。
薪丸太の入手、薪割り、乾燥積みまで、父親が1年掛けて準備した熱源を活かしきる。
その心のこもった熱は、まるで竜の如く家中を駆け上ってゆく。
それをそのまま画にしたら、この家の断面図になった。
 

 



居間より薪ストーブを見る





食堂より和室を見る




食堂より居間、玄関を見通す





外観





外観





住宅棟と車庫棟




居間・食堂




居間




食堂・台所




居間吹抜




個室




寝室




階段室




和室




洗面所




 

■藪内の家

場  所 群馬県
用  途 専用住宅
構  造 木造2階建て
竣工年数 2011年4月完成